駐車場で駐車中の車を傷つけた!やるべきことをまとめました

暮らし・趣味

車を運転していると、ちょっとの油断で車を傷つけてしまうことがあります。
自分の車だけが傷つけばいいのですが、相手の車に傷つけてしまう場合も。

私は駐車場で駐車中の車を傷つけてしまったことがあります。
こういうとき、想像以上にパニックになってしまい、どうしていいか混乱してしまいました。
車を運転する方は他人事とは思わず、是非とも読んで下さい。

駐車場で駐車中の車をぶつけたときの対処法

まずは、自らの経験による反省を生かした対処方法をまとめます。

  1. 加入している保険会社に連絡する

現在の状況を説明し、どうするべきかを相談してください。事故直後って結構パニックになりがちなので、保険会社の方と話をすると少し落ち着きますよ。

2. 警察に連絡する

私が加入している保険会社では警察に連絡することをすすめる方針でした。
「こんなちょっと擦ったくらいで警察を呼ぶのは…」と、躊躇してしまいがちですが、
のちに面倒なことにならないように警察を呼んだ方がいいと思います。

また、月極駐車場なら駐車場の管理人に相手の車の持ち主と連絡を取ることができますが、
コインパーキングやお店の駐車場では相手の方の連絡はわかりません。
警察を呼べば相手の方の連絡先を確認できるというメリットもあります。

3. 車の持ち主へ謝罪

会社の駐車場や、マンションの駐車場など、
相手の方と直接会う機会があるのであれば菓子折りを持って行って直接謝罪をした方がいいと思います。

あとは保険会社へ任せてください。
また、あとで詳しく書きますが
交渉は保険会社が行い、修理代は自分で支払えば等級を下げずに済むこともできます。
なので「等級は下げたくないから保険会社は通さず自分で解決する!」
なんて考えないでくださいね。必ず保険会社を通しましょう。

月極駐車場で車をこすってしまった私の体験談

事故の発生状況

会社近くで契約している月極駐車場は狭く、その日は駐車場を利用し始めて2週間経ったばかりの頃でした。
不慣れな狭い駐車場で隣の車にぶつけないよう後ろばかり気にしていたら
「キュルキュルキュル」という音が。
「なんだ今の音?」と、前方を確認すると向かいの車と左前方と私の車の左前方がくっつかっている状態に。

心臓はバクバク。とりあえず車を駐車スペースに入れました。
相手の車を確認しましたが、
前日は雨が降っていたので泥はねのようなものは確認したものの傷はないと判断しました。
(今思うと泥はねのようなものが傷です)

「ガリガリ」じゃなくて「キュルキュル」って音だったから
きっと私の車のタイヤと相手の車体が接触したんだろう、と自分の都合の良い解釈をし、
その日はそのまま出社、そして帰宅してしまいました。

駐車場の管理人へ連絡

「きっと大丈夫」と思いつつも、「やっぱりあれは傷つけてしまったんじゃ…」と、
一日中気になって胃が痛い思いをしていました。

翌日、自分の車体を確認したら擦り傷が!!

「やっぱり相手の車を傷つけてた!!」

ここでようやく認識したのです。
慌てて駐車場の管理人へ連絡したのですが、なかなか電話がつながりませんでした。

保険会社へ連絡

「こうしている間に、相手の方が車の傷に気が付いて、当て逃げされたと警察に連絡しているんじゃ…。」
と不安になりました。

そこで現在の状況を保険会社へ連絡することにしました。
この時の私の心境は「とんでもないことをしてしまった…」という気持ちで電話しています。
そんな時、保険会社の方はまず最初に「お怪我はありませんでしたか?」と、私の体を気遣ってくれました。
「こんな罪人の私になんという優しいお言葉…」と、ここで少しホッとしました。
また、現在の状況を少しずつ話すことで少し落ち着きを取り戻しました。
「管理人と車の持ち主の方に連絡がついたら、また保険会社へ連絡してください」とのことでした。

傷つけてしまった車の持ち主へ連絡

よくやく駐車場の管理人と連絡が取れ、相手の方から私の携帯へ連絡が来ました。
私が連絡して初めて車の傷に気づいたようでした。
「結構傷ついてますね…」と少々ご立腹のような、落胆されてるようなそんな様子でした。
当然ですよね…。私が逆の立場だったらそうなりますもん。

でも私が修理代全額保証することを伝えると
怒鳴られたりネチネチ言われたりすることなく、冷静に対応してくださいました。

そしてお相手の方の連絡先とお名前を確認し、私が加入している保険会社名を伝えました。
また後程その保険会社から連絡が行くことも伝えました。

再び保険会社へ連絡

保険会社へお相手の方の名前と連絡先を伝え、その後の対応を依頼しました。

お相手の方へ直接謝罪

月極駐車場ですので、今後その方とお会いすることもあると思います。
また、電話での「結構傷ついてますね…」という
ちょっと怒ってらっしゃるような声音も耳に残っていましたので、
これは直接会って謝罪した方がいいなと思いました。

今までそういう経験がなかったのでGoogleで「謝罪 菓子折り」を検索しました。
すると少し重みがある方が謝罪の気持ちの重さを表しているとのこと。
「でもあんまり重いのも相手に迷惑なんじゃないかな…」と悩んだんですが、
相手の食べ物の好みも分からなかったので
私の中で「ゼリーが無難なんじゃないか」という結論に達しました。
金額は3000円のものを選びました。

早めに駐車場に到着し相手を待ちます。
かなりドキドキしながら待っていたのですがお相手の方は来ず。
私も会社に遅刻してしまうので結局その時は謝罪できませんでした。

保険会社の方から今後の対応についての連絡がきたので、
その時にどういう風に謝罪したらいいかを相談しました。
「一度電話で連絡して直接会って謝罪したい旨を伝えたほうが誠意が伝わるんじゃないか」
とアドバイスをいただいたのでそうすることにしました。

再び緊張の瞬間です。相手の方が電話に出たので
「もしご迷惑でなければ直接会って謝罪させていただきたのですが…」と言うと

「大丈夫ですよ。気にしないでください。修理代さえいただければそれで充分ですので。」

と優しくいってくださいました(ノД`)・゜・。
さらに「ご丁寧にありがとうございます。」まで言っていただいて…。
その優しさに涙が出そうになりました。
と、同時にこんな良い方の車を傷つけてしまったなんてという罪悪感もあふれてきましたが。

とりあえず私の場合は直接謝罪することはありませんでした。

その後はあまり車が停まっていない早めの時間に着て駐車するようにしました。

事故を起こしたらすぐに連絡を

今回私が最も反省しなければいけなかったことは、
自分の都合のいいように解釈し、事故後すぐに警察や保険会社へ連絡しなかったことです。

これはNON STYLEの井上も同じことを言っていました。

私がやったことは当て逃げです。
もし相手の方が先に警察に連絡をしていたら、私は当て逃げの犯人として警察に捕まっていたでしょう。
傷を自分で確認できなくても擦った可能性があるなら警察や保険会社へすぐに連絡しましょう。

NON STYLEの井上のことを他人事と思って見ていましたが、
自分の身にも起こり得るものだと認識しました。
さらに身を引き締めて運転を心がけたいと思います。

等級を下げずに交渉だけしてもらえる

私は最初、保険会社に対応を依頼したらその時点で等級が下がるものだと思っていたのですが、
交渉は保険会社、支払いは振り込みなどで自分で支払う、とすると等級を下げずに済みます。
等級を下げたときの今後増額する金額と、今回の修理代を比較して
どっちがいいのか保険会社の方と相談して決めましょう。

私の場合、等級を下げた場合の金額と、修理代にあまり金額の差がなかったので
自分で支払い等級はそのままにすることにしました。

まとめ

どんな小さな事故でも警察や保険会社へ連絡を。

「これくらい小さな傷なら相手も気づかないんじゃ…」なんて一瞬考えるかもしれませんが、
今は監視カメラがあちこちあります。
警察に通報されたら逃げ切ることはできません。

警察に連行される自分の姿を想像してみてください。

ぞっとしますよね。

そうならないためにもまずは落ち着いて、必ず連絡しましょう。

それよりもまずは、事故を起こさないような運転を心がけましょう。

コメント