【ブラック企業退職後の働き方】派遣社員という選択肢

ブラック企業

この記事ではブラック企業を辞めたいけど、
その後就職できるかどうか不安…
という方へ、「派遣社員」という選択肢を紹介します。

年齢的に次の就業先が見つからないかもしれないから仕方なくブラック企業に残っている、
という方もいるかもしれません。

その場合、「正社員」だけではなく視野を広げて
「派遣社員」という働き方も選択肢に入れてみませんか?

よく知らずに「派遣なんて給料少ないし…」と考えるのはもったいないです。
では、現在の給料は、本当にその劣悪な環境下に見合ったお給料でしょうか?
給料の良い悪いは、単純に金額の高い低いだけでは表せられない部分もあります。

「派遣社員」というとデメリットばかりの情報があふれている気がします。
というわけで、今回は派遣社員のメリットについて紹介します。
※業務は事務系のオフィスワークとしてメリットを紹介します。

メリットの前に「派遣法の3年ルール」について

2015年より施行された法律で
派遣社員は同じ派遣先企業の同一組織で3年以上働くことが禁止されました。
そのため、派遣会社は3年が過ぎる前に以下の措置を取らなければいけません。

  • 派遣先企業へ直接雇用(正社員、契約社員、パート社員等)
  • 別の派遣先企業を紹介
  • その派遣会社で直接雇用

この法律が施行されて間もないので一概にも言えないのですが
だいたいが「別の派遣先を紹介」になると思います。

働く先には困らないものの、
再び新しい環境に飛び込むのは緊張するし仕事を新たに覚えなきゃいけないのは大変ですよね。

「ほらやっぱり!派遣なんてやめた方がいい!」

と考えるのは待ってください!早まらないで!
私は、派遣社員はこのデメリットを上回るメリットを持っていると思っています。

派遣社員のメリット

大企業で働ける

正社員で大企業へ転職することは一般的に難しいですが
派遣社員として働くことは容易にできます。
企業にもよりますが、オフィスはきれいだし働く環境も整っていて
有給も問題なく取得できると思います。

私が過去にいたブラック企業では有給は使えず、
退職申請した時点で有給は消滅したから休んだ分残業しろ、と言われたし…。

その劣悪な環境とは雲泥の差です。

業務内容以外のことはやらされない

派遣会社と派遣先の企業との間に
「派遣社員の方にはこういう業務をやってもらいます」という取り決めを行っています。
それ以外の業務をやらせることは違法です。
ですので、入社してから「聞いていた話と違う!」とか
「業務がどんどん追加されて時間内に終わらない!」ということがありません。

自分のスキルを生かせる

私の体験談ですが、私は大学で外国語を専攻していました。
けれどその後英語を使った実務経験はなく
TOEICもその当時はさえない点数しかもっていなかったので普通の事務の仕事を希望してました。
けれど、派遣担当者の方が「英語を使った事務の方が時給が高い」
ということでそういうところを紹介してくれました。
そのおかげで自分のスキルを生かし、スキルアップにもつながりました。

派遣担当者の方がきちんとしている方であれば、自分のスキルを生かした仕事につけると思います。

残業がない

基本的に残業がないところが多いと思います。
残業をすると派遣会社が多めに給料を支払わなければいけません。
そのため、派遣先の勝手な判断で残業をさせるのは難しいと思われます。
定時に帰れるので、プライベートな時間をきちんと確保することができます。
資格取得のための勉強時間に費やしてスキルアップが可能です。

副業が可能

派遣会社にもよりますが、副業できるところが多いと思います。
派遣は時給がめちゃくちゃ良いです。
月給でいえば私の場合、ブラック企業の正社員より派遣社員の方が高かったです。
ただ、交通費なし、ボーナスなしなので年収は下がります。
その分を副業でカバーすることが可能です。
上記に述べたとおり定時で帰れますので、時間的にも問題ありません。

嫌なことがあればすぐ辞められる

会社に入ってみないと分からないこともあります。
人間関係とか。その場合は次の契約を更新しなければいいんです。
正社員より辞めるのは簡単です。

派遣担当者に相談することも可能です。
セクハラ、パワハラは正社員の場合、自ら対処しなければいけませんが
派遣社員であれば派遣担当者に相談し対処してもらうことができます。
相談窓口を設けているところも多いです。

そこまでのことではなく、例えば業務が多いとか少ないでも
派遣担当者に相談すると派遣先の上司へやんわりと伝えてくれます。

どうしても正社員を目指したいなら「紹介予定派遣」もおすすめ

紹介予定派遣とは、
正社員、契約社員といった直接雇用を前提にまず派遣社員として3か月~6か月間働きます。
その後、派遣として働いた人と、派遣先企業双方の合意で直接雇用となることができます。

まず試用期間があるので
「正社員で働きたいけど転職先もブラック企業だったらどうしよう…」
と不安な方は紹介予定派遣がおすすめです。

まとめ

派遣社員はデメリットばかりではない。

  • 大企業で働ける
  • 残業がないからスキルアップのために時間を有効活用できる
  • 嫌ならすぐに辞められる

というメリットがある。

デメリットをカバーするには

  • 副業をする
  • 紹介予定派遣で働く

ことを考えてみよう!

コメント