TOEIC600点以上を目指すには「金のフレーズ」で単語を覚えよう

TOEIC

TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ [ TEX加藤 ]

TOEICの単語勉強は重要

TOEICを受験して、もしくは公式問題集を解いてみて
「わからない単語が多かった」と感じた方は「金のフレーズ」をぜひ買って覚えてください。

私にとって「単語を覚える」というのは地味で苦痛な作業でした。
なので最初は「問題集解いていれば自然と覚えるでしょ」と高をくくり
単語に関しては集中して勉強していませんでした。

でもやっぱり知らない単語ばかりの英文を読んでいる方が苦痛だとわかりました。
英文を読んでいるとき、頭の中では

「私は、従業員全員が…ふんふんの…ふんふんができるよう、ふんふん…」

だめだー!わかんないーー!!

と。知らない単語だらけだととてもストレスになります。

そこで「金のフレーズ」で単語を覚えることにしました。

「金のフレーズ」の使い方


TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ [ TEX加藤 ]

「金のフレーズ」では目標点数ごとに覚えるべき単語が分かれています。
600点を目指す400語、700点を目指す300語、800点を目指す200語、900点を目指す100語。
とはいえ、何点が目標でも全部覚えるに越したことはありません。

この1000語を短期間で集中的に覚えるか、または長期間でじっくり覚えるか。
試験日をいつに設定しているかでわかれるところだと思います。
私は長期間かけて覚えることにしました。
…と、いうか年齢のせいか短期間で覚えられませんでした。

「金のフレーズ 使い方」でいろいろ検索してみた結果、
こちらの方のやり方が自分に合っているんじゃないかと思い、参考にしてみました。

TOEICスコア完全向上委員会(外部リンク)TOEIC金のフレーズのレビューと正しい使い方【最新版】

100語を5日間かけて完璧に覚えるというやり方なので
1000語を覚えるのに50日かかる計算です。
ですけど、1000語覚えてからじゃないと問題集にとりかかれないわけではないです。
「金のフレーズ」と並行して問題集もやってみましょう。
700語くらい覚えると問題集の英文もだいたいわかるようになると思います。
これまで頭の中では「ふんふん」ばっかりの私は英文が全部わかったときは感動しました。

このやり方で1000語覚えておしまい、ではなく、もう一度最初から読み直してみましょう。
このときは、1日100語ずつ進めていき、10日後に全部読み終えるつもりで。
私の場合、大分忘れてました。
なので、忘れている単語が多い場合は、次の日もまた同じ100語をやりました。
忘れていることに最初はショックだったんですけど、一度完璧に覚えているので
思い出すのもそんなに時間はかからないです。


↑100語取り掛かる前に「正」の字を付けていました。
この100の単語は8周したみたいです。

「金のフレーズ」の素晴らしいところ

TOEICの試験では、本当にこれらの単語が出てきます。
出てくる単語のみ勉強することができます。
老齢の脳には余計なことを覚えさせたくないんです。

実際私が受けた試験にも、英文の中に「ample(余裕がある)」という単語が出てきて
設問には「spacious(広々とした)」に置き換えて出てきました。
2つとも金のフレーズに出てきた単語なので答えることができました。

それと、日本語訳の隣の欄に補足情報のようなことが書かれてあって
時々ちょっとした面白情報が載っていますw
その情報によって覚えられる単語もあります。
割りと楽しみながら覚えることができました。

なので、TOEICを受験する際はぜひ「金のフレーズ」を覚えてみてください!

ちなみに、「もっと簡単な単語から勉強したい」という方は
「銀のフレーズ」が出ているので、そちらもどうぞ。


出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]

コメント

  1. […] TOEIC600点以上を目指すには「金のフレーズ」で単語を覚えようTOEIC L&R TEST … […]

  2. […] TOEIC600点以上を目指すには「金のフレーズ」で単語を覚えようTOEIC L&R TEST … […]